日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム

Manu

ご挨拶

平素より日本プロセス化学会(JSPC)の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。本会が主催します夏(7月)と冬(12月)の2つのシンポジウムは、最新のプロセス化学の知識を習得し、また、情報を入手できる場であり、産学問わず例年多くの皆様にご参加頂いております。皆様のお力添えもあり、回を重ねる毎にプロセス化学の重要性が広く認知され、近年では興味関心をもつ方も増えて参りました。
  さて、本年のウィンターシンポジウムを12月7日(金)に京都テルサで開催いたします。企業・アカデミアで活躍されている5名の著名な研究者から最先端の研究成果についてご講演いただきます。また例年通り、JSPC優秀賞を受賞された3つの研究グループによる受賞講演もございます。
  さらに、今年は午前中に、特別企画を開催します。長年、プロセス化学の現場を牽引されてきた2名の熟練研究者が、これからの進路を考えている学部生や大学院生達に『プロセス化学の醍醐味を伝える講演会』です。その後、聴講者がスモールグループに分かれ、現役のプロセス化学企業研究者とともに、昼食をとりながら自由に歓談するランチョン座談会も実施します。プロセス化学研究の現状や将来について、さらに深く知ることができる好機です。
  ウィンターシンポジウムはサマーシンポジウムとは趣を変えて、依頼・受賞講演のみで構成されており、短時間で密度の高い情報収集や情報交換を行う事が出来ます。産学の研究者が互いに刺激し合い、実りのあるシンポジウムになれば幸甚です。プロセス研究の場で研究をされている方、またご興味をお持ちの方のご参加を心よりお待ちいたしております。(事前参加登録は、2018年11月26日(月)・正午まで延長されました)

2018ウインターシンポジウム 世話人:赤井周司(大阪大学)                 
大野桂二(富士フイルム和光純薬)

シンポジウム概要

主催

日本プロセス化学会

  • 協賛:有機合成化学協会、分離技術会
  • 協力:化学工業日報社

日時

(第一部)<特別講演/ランチョン座談会(昼食付き※)>
2018年12月7日(金)10:00〜12:40※


※特別講演に続いてランチョン座談会を開催します。第一部の受講者は、主に大学生、大学院生、博士研究員、大学教員等の方を対象としており、事前参加登録が必要です。


(第二部)<日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム>
2018年12月7日(金)13:00〜17:20


<情報交換会>
2018年12月7日(金)18:20〜

会場

<特別講演・日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム・情報交換会>
京都テルサ テルサホール(西館1階)
〒601-8047 京都市南区東九条下殿田町70番地


交通案内
  • JR京都駅(八条口西口)より南へ徒歩約15分
  • 近鉄東寺駅より東へ徒歩約5分
  • 地下鉄九条駅4番出口より西へ徒歩約5分

第一部と第二部、情報交換会ともに、詳細は左欄の「講演プログラム」をご参照下さい。


※「第一部」の受講者は、主に大学生、大学院生、博士研究員、大学教員等の方を対象としており、事前参加登録が必要です。また、ランチョン座談会は少人数のグループに分かれて実施します。当日受付にてグループ分けをご案内いたします


講演要旨集広告掲載ご案内

お申込・お問い合わせ 

(株)化学工業日報社 企画局
「日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム」デスク
〒103-8485 東京都中央区日本橋浜町3-16-8
TEL:03-3663-7936 FAX:03-3663-7861
E-mail:sympo@chemicaldaily.co.jp