イノベーションを支える素材展 in 大阪2017

Manu

素材展概要

 経済は都市によって発展するといわれております。社会の発展とともに、人が集まり、モノが流通するようになると貨幣が生まれ、これから必要な各種サービスが必然と誕生します。いわゆる交換経済が発達するとともに「豪商」が現れ、やがてこれが「企業」という事業体として継続しています。かつて近畿圏には、お家(え)さん、旦那(だん)さん、御寮人さん(奥さん)、ぼんぼん(息子)または若だんさん、そして番頭、丁稚、手代、女子衆(おなごし)、男子衆(おとこし)、車曳が一つ屋根の下で暮らしていた商店がありました。江戸、明治、大正から昭和になり、その商店は企業として生まれ変わり、日本のみならず、世界にネットワークを広げる有力企業となっております。大阪、京都、兵庫など二府四県には、こうした歴史を有するメーカー、商社が多く、モノづくりを支えてきた企業が多く存在します。
 化学工業日報社は、化学産業およびその周辺素材産業を中心とした日刊専門紙として、2016年10月に創立80年を迎えます。そして、来年には弊社の大阪支社が開設70周年を迎えます。大阪支社ではこれを記念して、2017年7月4日〜5日にマイドーム大阪で「イノベーションを支える素材展 in 大阪2017」を開催します。2016年3月には、ご好評を頂いた「イノベーションを支える素材展 in 大阪」を開催しましたが、今回の展示会はその規模、地域を広げるとともに、製造、流通、周辺のサービス産業に携わる企業各社を一堂に集め、関西地区における化学産業の発展、さらには日本全体の産業の躍進および事業拡大の場になるものと確信しております。
 また、化学工業日報本紙では展示会と連動した特集号(2017年6月発行予定)のほか展示会会期中に特別講演会の併催も予定しております。つきましては展示会の趣旨にご賛同いただき、貴社からのご出展を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社化学工業日報社 代表取締役社長 織田島 修

【名  称】 イノベーションを支える素材展 in 大阪2017
【会  期】 2017年7月4日(火)〜5日(水)
開催時間:午前10時〜午後5時
【会  場】 マイドームおおさか1階・2階展示場
大阪市中央区本町橋2-5
【主  催】 (株)化学工業日報社
【後  援】 近畿経済産業局、大阪府、大阪市、関西化学工業協会、近畿化学協会、
大阪化学工業薬品協会ほか大阪地区の業界団体(予定含む)
【見込み来場者数】 5,000名

会場ご案内図

前回出展社一覧

DKSHジャパン株式会社、JFEコンテイナー株式会社、株式会社MCエバテック、石原産業株式会社、岩谷産業株式会社、大阪ガスケミカル株式会社、大阪化成株式会社、大阪油化工業株式会社、岡畑興産株式会社、奥野製薬工業株式会社、オー・ジー長瀬カラーケミカル株式会社、川瀬産業株式会社、関西触媒化学株式会社、関西熱化学株式会社、関西ペイント株式会社、株式会社共立物流システム、グンゼ株式会社、コニシ株式会社、小西安株式会社、一般財団法人材料科学技術振興財団、堺化学工業株式会社、讃岐化学工業株式会社、三共精粉株式会社、株式会社三徳、サンノプコ株式会社、三洋化成工業株式会社、昭和電工株式会社、スイコ―株式会社、西邦産業株式会社、太平化学産業株式会社、大和化成株式会社、田岡化学工業株式会社、テイカ株式会社、株式会社テツタニ、東洋紡株式会社、NAGASE グループ、株式会社日報化学品法規情報センター、日本システム開発株式会社、日本ペイントホールディングス株式会社、株式会社服部商店、株式会社ヘキサケミカル、豊国製油株式会社、本町化学工業株式会社、松垣薬品工業株式会社、満栄工業株式会社、銘徳貿易株式会社、森田化学工業株式会社、山本通産株式会社、ユニチカ株式会社、横河ソリューションサービス株式会社、協同組合ラテスト、レジノカラー工業株式会社

前回セミナー一覧

  • 日本石油化学産業の現状と課題〜循環炭素化学に向けて
  • 化学物質管理のための最新ソリューション 〜法規制対応の観点から
  • 半世紀のChallenge!三井化学大阪工場の取り組み
  • ものづくり、素材開発のための材料分析
  • LED植物工場の進化〜最強のハードとソフトで未来が拓く
  • 第13次5カ年計画が始動する中国〜環境規制・安全対策強めつつ、化学大国から化学強国へ
  • 社会を彩る快適空間創造材料〜色材からエネルギー・環境素材まで
  • 石炭コークスから高機能活性炭〜炭素材技術の次世代への展開
  • 新規テーマ創出への取り組み
  • 最先端技術を支える石炭化学材料〜フルオレンの歴史と用途例
  • 素材開発からビジネスに貢献する Industrial loT ソリューション
  • 次世代表面処理の技術動向〜奥野製薬の開発品から展望する

事務局(お問い合わせ)

化学工業日報社 大阪支社
〒541-0042 大阪市中央区今橋3-1-7 日生今橋ビル
TEL:06-6232-0222 FAX:06-6232-0777